論文リスト(松尾信之介)


学術雑誌掲載論文

  1. Shinnosuke Matsuo, Xiaomeng Wu, Gantugs Atarsaikhan, Akisato Kimura, Kunio Kashino, Brian Kenji Iwana, Seiichi Uchida
    Deep Attentive Time Warping
    Pattern Recognition, vol.136, April 2023
    doi: 10.1016/j.patcog.2022.109201
    [S.Matsuo+, PR2023] (Publishersite) (code)

国際学会

<査読あり>
  1. Ryo Ishiyama, Takahiro Shirakawa, Seiichi Uchida, Shinnosuke Matsuo
    Test-Time Augmentation for Traveling Salesperson Problem
    International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN2024, Lugano, Switzerland)
    [R.Ishiyama+, ICANN2024]
  2. Shinnosuke Matsuo, Daiki Suehiro, Seiichi Uchida, Hiroaki Ito, Kazuhiro Terada, Akihiko Yoshizawa, Ryoma Bise
    Learning from Partial Label Proportions for Whole Slide Image Segmentation
    International Conference on Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention (MICCAI2024, Marrakesh, Morocco)
    (Top conference in medial image analysis, Early acceptance=11%) [S.Matsuo+, MICCAI2024] (code)

  3. Kaito Shiku, Shinnosuke Matsuo, Daiki Suehiro, Ryoma Bise
    Counting Network for Learning from Majority Label
    Proceedings of the 48th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2024, Seoul, Korea)
    (Top conference in signal processing, Poster presentation) [K.Shiku+, ICASSP2024] (code)

  4. Takanori Asanomi, Shinnosuke Matsuo, Daiki Suehiro, Ryoma Bise
    MixBag: Bag-Level Data Augmentation for Learning from Label Proportions
    International Conference on Computer Vision (ICCV 2023, Paris, France)
    (Top conference in computer vision, Poster presentation) [T.Asanomi+, ICCV2023] (code)

  5. Shinnosuke Matsuo, Ryoma Bise, Seiichi Uchida, Daiki Suehiro
    Learning from Label Proportion with Online Pseudo-Label Decision by Regret Minimization
    Proceedings of the 47th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2023, Rhodes Island, Greece)
    (Top conference in signal processing, Poster presentation) [S.Matsuo+, ICASSP2023](code)

  6. Daisuke Oba, Shinnosuke Matsuo, Brian Kenji Iwana
    Dynamic Data Augmentation with Gating Networks for Time Series Recognition
    Proceedings of the 26th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2022, Quebec, Canada, August 2022)
    (Poster presentation)[D.Oba+, ICPR2022](code)

  7. Shinnosuke Matsuo, Xiaomeng Wu, Gantugs Atarsaikhan, Akisato Kimura, Kunio Kashino, Brian Kenji Iwana, Seiichi Uchida
    Attention to Warp: Deep Metric Learning for Multivariate Time Series
    Proceedings of the 16th International Conference on Document Analysis and Recognition (ICDAR2021, Lausanne, Switzerland)
    LNCS, vol.12823, pp.350-396, 9th Sept. 2021. DOI: 10.1007/978-3-030-86334-0_23
    (Top conference in document image analysis, Poster presentation) [S.Matsuo+, ICDAR2021](code)

  8. Shinnosuke Matsuo, Seiichi Uchida, Brian Kenji Iwana
    Self-Augmented Multi-Modal Feature Embedding
    Proceedings of the 45th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2021, Ontario, Canada)
    pp.3995-3999, June 11th, 2021. DOI: 10.1109/ICASSP39728.2021.9413974
    (Top conference in signal processing, Poster presentation) [S.Matsuo+, ICASSP2021]

  9. Kaede Kumamoto, Shinnosuke Matsuo, Yoshimitsu Kuroki
    A Convolutional Dictionary Learning based l1 Norm Error with Smoothed l0 Norm Regression
    2019 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2019, Taipri, Taiwan)
    December 3-6th, 2019. DOI: 10.1109/ISPACS48206.2019.8986267
    (Oral Presentation) [K.Kumamoto+, ISPACS2019]

国内学会

<査読なし>
  1. 石山 遼, 白川嵩大, 内田誠一, 松尾信之介
    組合せ最適化問題の画像的扱いによる高精度解法 --- 巡回セールスマン問題へのTest-Time Augmentationの適用
    画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2024, 熊本城ホール), 2024年8月6-9日
    (オーラル発表, 採択率約31%)

  2. 松尾信之介, 末廣大貴, 計良 宥志, 内田誠一, 備瀬竜馬
    Prototypeに基づいたAttentionによるLearning from Label Proportions
    画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2024, 熊本城ホール), 2024年8月6-9日
    (オーラル発表, 採択率約31%)

  3. 久保俊介, 松尾信之介, 末廣大貴, 寺田和弘, 伊藤寛朗, 吉澤明彦, 備瀬竜馬
    巨大バッグに対するLearning from Label Proportionのための理論的ラベル比率摂動
    画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2024, 熊本城ホール), 2024年8月6-9日
    (オーラル発表, 採択率約31%)

  4. 榎那津美, 桒田恵理子, 藤田尚子, 松尾信之介, 内田誠一, 赤木剛士
    新規深層学習モデルによる植物smallRNAの高蓄積性に関わる配列パターンの同定
    園芸学会 (東京農業大学), 2024年3月24日 (口頭発表)

  5. 石山 遼, 白川嵩大, 内田誠一, 松尾信之介
    組合せ最適化問題の画像表現による解法
    パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU, 鳥取県立生涯学習センター), PRMU2023-15, 2023年11月16日 (口頭発表)

  6. 松尾信之介
    Label efficient learning: アノテーションコストを最小限に抑えるAI学習
    学術変革領域「挑戦的両性花原理」若手の会 (レクトーレ湯河原), 2023年10月29日 (ポスター発表)

  7. 久保俊介, 松尾信之介, 備瀬竜馬
    信頼区間を考慮したLLP手法による巨大バッグからの学習
    電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集(崇城大学, 熊本県熊本市), 05-2P-08, 2023年9月8日

  8. 石山 遼, 白川嵩大, 内田誠一, 松尾信之介
    組合せ最適化問題のTransformerによる解法
    電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集(崇城大学, 熊本県熊本市), 05-2P-10, 2023年9月8日

  9. 浅海標徳, 松尾信之介, 末廣大貴, 備瀬竜馬
    クラス比率学習におけるバッグ単位のデータ拡張
    画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2023, アクトシティ浜松), OS6B-L1, 2023年7月28日
    (ロングオーラル発表, 採択率約16%)

  10. 松尾信之介, 末廣大貴, 内田誠一, 伊藤寛朗, 寺田和弘, 吉澤明彦, 備瀬竜馬
    WSIに対する部分的なラベル比率からの学習
    画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2023, アクトシティ浜松), OS1B-L2, 2023年7月26日
    (ロングオーラル発表, 採択率約16%, MIRU学生奨励賞 受賞論文)

  11. 志久開人, 松尾信之介, 末廣大貴, 備瀬竜馬
    多数派クラスラベルによるMultiple Instance Learning
    情報論的学習理論と機械学習研究会 (IBISML, 沖縄科学技術大学院大学カンファレンス・センター), IBISML2023-4, 2023年6月29日
    (口頭発表)

  12. 松尾信之介, 末廣大貴, 内田誠一, 備瀬竜馬
    部分的なラベル比率からの学習
    パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU, はこだて未来大学), PRMU2022-92, 2023年3月2日 (口頭発表)

  13. 斉藤優也, 松尾信之介, 内田誠一, 末廣大貴
    クラス分類性能均衡化のためのBoosting
    情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML, はこだて未来大学), IBISML2022-87, 2023年3月2日 (口頭発表)

  14. 松尾信之介, 備瀬竜馬, 内田誠一, 末廣大貴
    オンライン予測理論に基づく擬似ラベル手法によるクラス比率からの学習
    パターン認識・メディア理解研究会 (PRMU, 富山国際会議場), PRMU2022-57, 2022年12月15-16日 (口頭発表)

  15. 松尾信之介, 備瀬竜馬, 内田誠一, 末廣大貴
    適応的疑似ラベル更新によるクラス比率からの学習
    第25回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2022, つくば国際会議場), 2-093, 2022年11月20-23日 (ポスター発表)

  16. 斉藤優也, 松尾信之介, 内田誠一, 末廣大貴
    Boostingとリグレット解析に基づくクラス不均衡データに対するクラス分類性能均衡化
    第25回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2022, つくば国際会議場), 2-050, 2022年11月20-23日 (ポスター発表)

  17. 松尾信之介
    深層学習による学習可能なアラインメント+α (ラベル比率のみによる学習)
    学術変革領域「挑戦的両性花原理」若手の会 (レクトーレ湯河原), 2022年10月23-25日 (ポスター発表)

  18. 松尾信之介, Xiaomeng Wu, Gantugs Atarsaikhan, 木村昭悟, 柏野邦夫, Brian Kenji Iwana, 内田誠一
    Attention機構による深層時間ワーピング
    画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2022, 姫路市文化コンベンションセンター アクリエひめじ), 2022年7月
    (ロングオーラル発表, 採択率約19%, MIRU学生奨励賞 受賞論文)

  19. ピョン ケイジ, 松尾信之介, 内田誠一
    集合距離学習による手書き数式認識結果の事後補正
    画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2022, 姫路市文化コンベンションセンター アクリエひめじ), 2022年7月
    (ポスター発表)

  20. Daisuke Oba, Shinnosuke Matsuo, Brian Kenji Iwana
    Gated Data Augmentation for Time Series Recognition
    電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集 (COVID-19対策のためオンライン開催), 2021年9月25日 (口頭発表)

  21. 安河内直哉, 松尾信之介, 内田誠一
    単語の意味と画像の共潜在空間埋め込み
    電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集 (COVID-19対策のためオンライン開催), 05-1P-10, 2021年9月24日
    (口頭発表, 情報処理学会九州支部奨励賞 受賞論文)

  22. Shinnosuke Matsuo, Xiaomeng Wu, Gantugs Atarsaikhan, Akisato Kimura, Kunio Kashino,Brian Kenji Iwana, Seiichi Uchida
    Deep Metric Learning Based on Attention Model for Multivariate Time Series
    画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2021, 名古屋, COVID-19対策のためオンライン開催), I21-27, 2021年7月29日
    (ポスター発表)

  23. 松尾信之介, Brian Kenji Iwana, 内田誠一
    複数モダリティを対象とした表現学習
    電気・情報関係学会九州支部連合大会講演論文集(COVID-19対策のためオンライン開催), 04-2P-03, 2020年9月27日
    (口頭発表, 電子情報通信学会九州支部連合大会講演奨励賞 受賞論文)

  24. 熊本楓, 松尾信之介, 黒木祥光
    L1ノルム誤差と平滑化L0ノルム正則化を用いた畳み込み型辞書学習
    高専シンポジウム, 福岡, 2020年1月25日 (口頭発表)

arXiv

  1. Yuya Saito, Shinnosuke Matsuo, Seiichi Uchida, Daiki Suehiro
    Boosting for Bounding the Worst-class Error (PDF)
    arXiv:2310.14890, Oct 2023

招待講演

  1. 松尾信之介
    情報学x農学から見るAIゲノムデコード;Transformerのattention技術による解釈可能性
    2023年9月8日(金)
    北海道大学札幌キャンパス(北海道札幌市)
    日本植物学会第87回大会 シンポジウム「異分野融合技術で挑む植物科学の革新」

賞罰

  1. 2023年IEEE福岡支部学生研究奨励賞, 2024年2月19日.

  2. MIRU2023 学生奨励賞,"WSIに対する部分的なラベル比率からの学習", 画像の認識・理解シンポジウム, 2023年7月28日.

  3. MIRU2023 朝ラン 学生奨励賞, 画像の認識・理解シンポジウム, 2023年7月28日.

  4. MIRU2023 若手プログラム 優秀賞,"データの活用方法「君たちはどうデータを生かすか」", 画像の認識・理解シンポジウム, 2023年7月25日.

  5. 第13回(令和4年度) 九州大学大学院システム情報科学府 優秀学生表彰, 2023年3月3日.

  6. MIRU2022 学生奨励賞,"Attention機構による深層時間ワーピング", 画像の認識・理解シンポジウム, 2022年7月.

  7. MIRU2022 朝ラン 学生奨励賞, 画像の認識・理解シンポジウム, 2022年7月.

  8. MIRU2022 若手プログラム 優秀発表賞,"研究費の取り方に関するサーベイ", 画像の認識・理解シンポジウム, 2022年7月.

  9. 電子情報通信学会九州支部 講演奨励賞, 2021.

  10. 電子情報通信学会九州支部 成績優秀賞, 2019.

競争的資金

  1. 科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業 ACT-X「次世代AIを築く数理・情報科学の革新」, "アノテーション戦略の最適化", 2023年10月-2026年3月.
  2. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 "組み合わせ最適化問題への画像解析的アプローチ", 2023年4月-2026年3月.